【寄稿】妊娠エッセイ・コラム

アラサー独身女性が妊娠しやすい健康な体を手に入れるためにすべき7つのこと

更新日:

葉酸サプリ アイキャッチ

アラサー独身女性は友達と集まって「結婚したい〜」なんてタラレバ言ってる場合じゃない!

アラサー独身女性が集まって話をすると、必ず「結婚」の話題が出ます。

「今の彼と早く結婚したい!」 「結婚して幸せになりたいわー」

甘いものを食べながら、のんきにぼやいてる場合じゃありません!なぜなら、わたしたちアラサー独女は次のステージに備えて色々と準備しておかなきゃいけないから。

次のステージというのは、結婚、そして妊娠です。

結婚を意識した独身女性はたくさんいるけど、その先の妊娠まで意識してる独身女性はなかなかいません。

だって、ほとんどの人がこう思うから。

「妊活?結婚してからすればいいでしょ?」 「排卵日さえわかってれば、子供すぐ授かれるよね!」

甘い!チョコレートパフェ並みに甘い!!!

結婚したらすぐ子供を授かれると思っている女性って結構いると思いますが、実際妊娠する確率はとても低く、25歳〜30歳の結婚適齢期でさえ約25%前後と言われています。

だから結婚後になかなか妊娠できなくて悩んでいる女性がたくさんいるんですよね。

不妊は自分一人だけの問題じゃなく夫婦、親族にとって深刻な問題です。悲しいことに不妊が原因で離婚した夫婦が世の中に大勢います。

子供は授かり物と言いますが、妊娠するというのは本当に奇跡的なことなんですよね。

だから、アラサー独身女性は婚活と合わせて妊活もスタートするべきなんです!妊活って結婚した女性だけがやるものだと思っていたら、大間違い!

アラサー独身女性がすべきなのは結婚したいとぼやくことじゃなくて、独身の時から妊娠しやすい体づくりをしておくことです。

「結婚してから、妊活始めればいっかー」では、絶対遅い!来るべき時に備えてできることは早めからきちんと準備しておきましょう。

ということで、今回はアラサー独身女性が妊娠しやすい健康な体を手に入れるためにすべき7つのことを紹介したいと思います。

アラサー独身女性が妊娠しやすい健康な体を手に入れるためにすべき7つのこと

1、バランスのいい食事を取る

「妊娠しやすい体」と書きましたが、これはつまり「健康な体」を作ろうということですね。

健康な体作りに欠かせないのが、やはり食事!自分が食べたもので体は作られますから、健康な体を作りたいなら栄養たっぷりの食事をとる必要があります。

しかし、独身だとどうしても食生活が偏りがちになりますよね。

時間がないからファーストフードやインスタントラーメン、冷凍食品で手軽に食事を済ませてしまったり…。

これでは栄養が偏ってしまい、健康な体をつくることはできません。また無理なダイエットで「お昼ご飯はサラダだけ…」といった食事をしている女性も多いですが、これも体にいいとは言えません。

健康な体をつくるためには

  1. 毎日3食きっちり食べる 
  2. バランスよく、いろんな栄養素を取る 
  3. 無理な食事制限や暴飲暴食をしないこと

の3つをしっかり意識して食事を取ることです。

こんなん当たり前じゃん!と思いつつも、なかなかできないんですよね。

身についた習慣を変えるのはなかなか大変なので、独身のうちから少しずつ食事スタイルを見直していきましょう。

2、適正体重を知る

健康な体づくりのためには、自分の適性体重を知ることが大事です。

「痩せていればいい!」「スタイルが良ければいい」「モデルみたいな体型になりたい!」とスリムな体型を目指す女性が多いですが、実は痩せすぎだと女性ホルモンが減少し、月経が来なかったり無排卵になる確率が高くなり妊娠しにくくなってしまうんです。また逆に、太りすぎも女性ホルモン分泌が乱れて妊娠率が下がってしまうのでよくありません。

妊娠しやすい体を作るには、自分に合った適正体重を知り、痩せすぎ・太りすぎを解消することです。

美容体重ではなく、健康的な適正体重に近づけるように日ごろから心がけましょう。

3、適度な運動をする

やはり健康な体であるために運動は欠かせません。

働く女性はなかなか運動する時間を取りにくいかもしれませんが、まずは週1回からでいいので運動する時間を設けてみてください。

妊娠するには体の代謝を高くしておく必要があるので、運動して代謝をあげ心身ともに健康的な体でいられるよう心がけましょう。

ジムに通ってみたり、近所のスポーツサークルに入って誰かと一緒に運動すると、ストレス発散にもなります。

また最近はYouTubeなどを見ながら家で気軽に出来る筋トレ動画やストレッチ動画がたくさんあるので、自宅でできるものから気軽に始めてみてください。

代謝を高めるウォーキングやヨガなどがおすすめです。

4、冷え性を治す

あるアンケート調査で、冷え性に悩む女性は約8割もいることがわかりました。それほどたくさんの女性が冷えに悩まされています。

実は冷え性だと生殖機能が低下し、妊娠しづらい体になってしまいます。普段から冷え性にならないよう以下のことを気を付けておきましょう。

  • こまめな運動で体の血の巡りをよくする
  • 冷房などで過度に体を冷やさない 
  • 体を冷やす食べ物を避け、体を温める食べ物を摂取する 
  • 交代浴で血行を刺激し、自律神経を整えておく

日ごろから体を温めて、自分の体の機能を整えてあげましょう。

5、自分の生理周期を把握しておく

生理周期を把握しておくことは自分の健康管理のためにもとても大事なことですが、忙しい日々が続くとついつい忘れがちになりますよね。

生理開始予定日をしばらく過ぎてから

「そういや、最近生理遅れてる…」 「生理がもう1ヶ月も来てない…」

と気づくなんて人もいるでしょう。不調に気づきながらも、なかなか仕事が忙しくてそのままほったらかしにしてる女性もいるんではないでしょうか。

ホルモンバランスが乱れていないかなど確認するために、生理日を管理してくれるアプリを使って自分の生理周期を把握しておきましょう。

私はラルーンというアプリで自分の生理周期を管理しています。

「今回少し生理遅いかな?」と思ったときでも、前回の生理日や生理周期がカレンダーで一目瞭然なので、自分の体のサイクルをパッとチェックすることができます。

生理周期がバラバラな人や生理が遅れて毎月不安になるという人は、アプリで管理してみてください。

自分の体を守れるのは自分だけです。

めんどくさがらずにきちんと自己管理していきましょう。

そして、少しでも自分の体に不安や疑問があったら、産婦人科で受診したり相談しましょう。

「何か大きな病気が発覚するのが怖いから…」「心配だけど検査が恥ずかしいから…」と産婦人科を嫌う人もいますが、ほったらかしにして後から取り返しのつかない病気が発覚するほうがよっぽど怖くないですか?体は何よりも大事な資本なので、気になることがあったら後回しにせず早めに対処していきましょう。

6、ブライダルチェック(性病検査)を受けておく

ブライダルチェックというのは子宮がん検診、乳がん検診など婦人科検診で受ける項目に加えて、HIV感染症や梅毒など性感染症にかかっていないか調べられる検査です。

結婚前に受ける人が多いことからブライダルチェックという名前がつけられています。

「私は性病なんてかかったことないから必要ないわ!」と思う方多いでしょうが、実は自覚症状なしに進行する性病もあるんですよね。

元々恋人が感染していたことに気づかず、そのまま女性も感染してしまった…。というパターンもあります。

そして、性病にかかったことに気づかず長期間ほったらかしにしていたせいで、子宮の病気になり妊娠しずらい体になってしまった…という悲しい事例もあります。

「早期に産婦人科にいっていれば大丈夫だったのに…。」と後悔する前に、自分の体を守るため、そして恋人とのエチケットのためにもブライダルチェックを受けておきましょう。

ブライダルチェックがハードルが高くて受けにくい場合は、婦人科検診だけでも受けておきましょう。

7、葉酸サプリで葉酸を摂取しておく

ここまで食事や運動で妊娠しやすい体づくりをしましょうと書いてきましたが、仕事で本当に多忙な時ってなかなかそんな余裕持てないですよね。

夜遅くに帰ってきて簡単な食事で済ませて、お風呂入るのと寝るので精一杯。

バリバリ働く女性が増えた今、「ゆっくりヨガなんてやってる時間ないわ!」という女性も多いと思います。

そんな忙しい女性には、手軽に葉酸を摂取できる葉酸サプリがおすすめです。

「え…?葉酸サプリって妊娠中の女性が飲むもんなんじゃ…?」とか、そもそも葉酸サプリって名前すら知らない女性のほうが多いと思います。

私もついこないだまで知りませんでしたから(笑)

胎児の発育促進と栄養が欠乏しやすい妊娠中のママが飲んでいることが多いですが…

本当は妊娠前から飲むのがベストなんです。

「は!?妊娠前から飲むって…意味なくない!?」

確かに恋人がいない独身女性は飲む必要はありません※。

※正確には葉酸は全ての人に必要な栄養素です。

赤血球の形成を助ける働きがあります(編集者より)。

詳細はこちら

葉酸の欠乏による影響について!原因と対策!葉酸の効果を阻害する成分は?

でも、もしあなたに恋人がいて定期的な性行為を行っているなら、少なからず妊娠する可能性があるわけです。

コンドームだけの避妊では妊娠確率はゼロとは言い切れません。

昔は考えられませんでしたが、妊娠をきっかけに結婚する「おめでた婚」や妊婦姿でウエディングをあげるマタニティウェディングなども今では増えてきています。

それくらい結婚前に妊娠する女性が増えたということですよね。

恋人がいて妊娠する可能性を少しでも含んでいる以上「独身女性は葉酸サプリなんて飲む必要ない!」とは言い切れません。

そして少し怖い話をしておくと、35歳以上で子供を出産する高齢出産では、卵子が老化し生まれてくる赤ちゃんに病気になるリスクが高くなると言われています。

せっかく妊娠したのに生まれてくる赤ちゃんが病気に…なんて悲しい経験なるべくしたくないですよね。

葉酸は生まれてくる赤ちゃんが病気になるリスクをさげる効果があります。

サプリは食後にパッと飲むだけなので、食事や運動など生活習慣をなかなか変えられないという忙しい女性にもぴったりだと思います。

もしも、アラサーのあなたが近い将来、健康な赤ちゃんを産みたいと思っているのなら、ぜひ妊娠前から葉酸サプリを飲んでおいてください。

まとめ

  1. バランスのいい食事を取る 
  2. 適正体重を知る 
  3. 適度な運動をする 
  4. 冷え性を治す 
  5. 自分の生理周期を把握しておく 
  6. ブライダルチェック(性病検査)を受けておく 
  7. 葉酸サプリで葉酸を摂取しておく

以上、アラサー女性が妊娠しやすくなる体づくりに欠かせない8つのポイントでした。

結婚してから妊活するのじゃもう遅い!独身アラサーは婚活と同時に妊活もスタートさせて、いつでも健康な赤ちゃんが産めるよう、自分の体を正常な状態に整えておきましょう。

この記事を書いた人

たっつん

サブカルを愛し、サブカルに愛された独身アラサー女子ブロガー! 独身女性の強い支持を得て、月間100万PVを達成した雑記ブログ「轟け!サブカル女子」を運営中ゥ!

-【寄稿】妊娠エッセイ・コラム

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved.