葉酸サプリの効果と効能

ベビーコラーゲンの効果について!ベルタ葉酸サプリに入っている理由は?

更新日:

ベビーコラーゲンがベルタ葉酸サプリに新配合されました。

どうやら卵殻膜に多く存在しているコラーゲンで、卵がヒナに成長するまでに必要な栄養をたっぷり含んでいるようです。

ヒナの成長に大きく役立つなら、お腹の赤ちゃんにも良さそうな気がしますよね。

しかし、赤ちゃんだけに良いわけではありません。

ベビーコラーゲンはママたちの産前産後の健康と美容をサポートする成分でもあるのです。

今回は、ベルタ葉酸サプリの新成分ベビーコラーゲンの効果についてお伝えしましょう。

葉酸サプリに入っている理由も、ちゃんとあるんですよ。

ベビーコラーゲンってなに?

それではまず、ベビーコラーゲンについて簡単に説明します。

確認していきましょう。

ベビーコラーゲンはタンパク質

ベビーコラーゲンの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • タンパク質である
  • 正式名称はⅢ型コラーゲン
  • アミノ酸バランスがとても良い
  • 皮膚、口内、血管、消化管、子宮などを構成する
  • 軟組織にはベビーコラーゲンが多い

ベビーコラーゲンはその名の通りコラーゲンの一種でタンパク質に分類され、正式名称はⅢ型コラーゲンです。

アルギニン、トリプトファン、フェニルアラニンなど様々なアミノ酸を含んでいるため、アミノ酸バランスの優れたタンパク質と言えるでしょう。

コラーゲンとはその多くが皮膚に存在し、真皮(表皮の内側、肌の本体)は主にI型コラーゲンが占めています。

そしてⅠ型コラーゲンの次に多くあるのが、ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)です。

ベビーコラーゲンは、皮膚以外では、血管や消化管、子宮などに存在し、口内組織には特に多くあります。

イメージとしては、硬い組織にはⅠ型コラーゲンが多く、軟組織にはベビーコラーゲン(Ⅲ型)が多い、と考えればいいでしょう。

美容医療ではシワ取り治療に使用

ベビーコラーゲンを主成分とした注射療法が、皮膚のたるみ、しわ、くぼみ、クマの治療法として美容医療界で話題になっています。

肌なじみがよく皮膚の薄い目元などにも直接注射しても大丈夫ということで、主に目元の美容治療法として人気のようです。

ベビーコラーゲンの働きについて

このように、ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)は美容面でその効果が期待されているようですが、具体的にはどんな働きがあるのでしょうか?

以下、簡単にその働きをまとめました。

  • お肌のハリを保ってくれる
  • 赤ちゃんのための子宮環境を整える
  • 産後の痛みを早く治してくれる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

お肌のハリを保ってくれる

ベビーコラーゲンはお肌のハリを保ってくれます。

以下は、加齢によってお肌のコラーゲンがどのように変化するかを説明したものです。

加齢とベビーコラーゲン

加齢とともに真皮コラーゲン繊維中のⅢ型コラーゲン/Ⅰ型コラーゲンの比率が減少し、皮膚のしなやかさ、柔軟性が失われる。

このメカニズムについて検討したところ、Ⅲ型コラーゲンのプロペプチド切断酵素がⅠ型コラーゲンのそれよりも加齢とともに顕著に減少することが明らかとなった。

<引用:加齢にともなうⅢ型コラーゲン/Ⅰ型コラーゲンの比率減少メカニズム~Ⅲ型コラーゲンプロペプチド切断酵素meprinの加齢変化~/日本化粧品技術者会誌 Vol. 47 (2013)

これは、加齢とともにⅠ型コラーゲンに対してベビーコラーゲン(Ⅲ型)の量が少なくなる、ということを言っています。

先ほど、「硬い組織にはⅠ型コラーゲンが多く、軟組織にはベビーコラーゲン(Ⅲ型)が多い」とお伝えしましたね。

つまり、ベビーコラーゲン(Ⅲ型)が少なくなってしまうとお肌は硬くなってしまいます。

赤ちゃんのお肌とベビーコラーゲン

以下は、赤ちゃんと成人のコラーゲン比率を示したものです。

  Ⅰ型コラーゲン ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)
赤ちゃん 約50% 約50%
成人 約80% 約20%

<参照:回腸動脈瘤破裂を来したEhlers-Danlos症候群IV型の1例/日消外会誌

赤ちゃんのお肌は羨ましいほどに柔らかく繊細で、それゆえに傷つきやすいですよね。

それは、ベビーコラーゲン(Ⅲ型)の割合が高いからです。

軟組織を構成するベビーコラーゲン(Ⅲ型)は加齢とともに減少し、それに伴って硬組織を構成するⅠ型コラーゲンの比率が高まります。

Ⅰ型コラーゲンが増えることでお肌は強くなりますが、ベビーコラーゲン(Ⅲ型)が減ってしまうとお肌のぷるぷる感がなくなってしまい、老け顔になります。

赤ちゃんのための子宮環境を整える

ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)は子宮にも多く含まれるため、妊娠、出産にも大きく関係します。

つまりどういうことかと言うと、妊娠中の子宮頚部(下3分の1の部分)は、赤ちゃんを体に保持するために一定の硬さを保ちながら閉鎖します。

そして、子宮体部(上3分の2の部分)は、赤ちゃんの成長に適した環境を作るために軟化して大きくなります。

それが分娩時には、閉鎖していた子宮頚部が軟化して開いて赤ちゃんが通る通過管となり、軟化していた子宮体部は強い収縮を繰り返して赤ちゃんを押し出します。

これら一連の子宮活動を行うには子宮のそのものに柔軟性が必要であり、ベビーコラーゲン(Ⅲ型)は妊娠、出産においてとても重要な役割を担っているのです。

産後の痛みを早く治してくれる

Ⅲ型コラーゲンは、体に損傷部分があると真っ先に体内産生され蓄積されていきます。

そして、修復が進んでいくとⅠ型コラーゲンに徐々に変わっていき、のちに完全に置き換えられます。

これは産後の子宮頚部の傷においても同じで、Ⅲ型コラーゲンがしっかり体内産生され機能すれば、出産時の痛みもより早く改善されることでしょう。

ベビーコラーゲン代謝異常による危険

ベビーコラーゲンが体内で正常に機能しないことによる危険は、多数あります。

以下ではその例を紹介します。

エーラスダンロス症候群

「エーラス・ダンロス症候群(EDS)とは皮膚の過伸展, 関節の過可動, 組織の脆弱性を特徴とする遺伝性結合組織性疾患で6型に分類されます。

( (1)古典型EDS (2)関節過可動亢進型EDS (3)血管型EDS (4)後側弯形EDS (5)多発関節弛緩型 (6)皮膚脆弱型EDS )。

その中でも血管型EDS(v-EDS)は動脈破裂をはじめとする重篤な合併症の見られる最重症型です。

v-EDSはIII型コラーゲン遺伝子(COL3A1)の変異によりIII型コラーゲン分子に異常をきたし, 結果的に組織にIII型コラーゲンがほとんど存在しなくなり、発症します。」

III型コラーゲンが、これらの組織で著明に減少すると皮膚の出血の他、血管や消化管などに重篤な症状が出やすくなります。

「v-EDSは動脈破裂, 消化管破裂や穿孔, 妊娠中の子宮破裂など突然死の原因にもなりうる重篤な合併症の見られる常染色体優性形式の遺伝性疾患です。」

<引用:エーラス・ダンロス症候群の診断, 特に血管型エーラス・ダンロス症候群の生化学的・分子生物学的診断/獨協医科大学

ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)の先天性代謝異常による血管型エーラス・ダンロス症候群(v-EDS)は、数万~数百万人に1人の割合で発症していると言われています。

疾患の根本的な治療法はなく、発症の原因もわかりません。

動脈破裂や消化管破裂、穿孔、妊娠中の子宮破裂などに繋がる可能性があり、年齢とともにより状態は悪くなっていくため、早期診断と今後のための緊急時対策をする必要があります。

ベビーコラーゲンと前期破水

以下は、ベビーコラーゲンの代謝異常と前期破水の関係を示したものです。

「PROMの成因は羊膜の緻密層構成成分であるコラーゲンのうち III 型コラーゲンが選択的に分解されることによる卵膜の脆弱性が原因であることを初めて明らかにした。

III 型コラーゲンを特異的に分解する酵素としてはトリプシンとエラスターゼが知られている。

PROM の成因には胎便を中心とする内的要因(トリプシン)と炎症による外的要因(エラスターゼ)が関与していることが判明した。

前者は高位破水や羊膜結節(amnion nodosum)の原因となり、後者は頚管炎、絨毛羊膜炎を伴う PROM の起因物質となる。

羊水中にはこれらの酵素に阻害作用を有する物質(UTI、α1トリプシンインヒビター)が存在するが、それ以上に酵素による分解作用が強い時に PROM が発生すると考えられる。」

(※PROMとは前期破水のことです。)

<引用:早産、PROMの発生機序の解明とその制御に関する研究/国立大学法人浜松医科大学

これは、ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)の代謝異常は卵膜をもろくし、前期破水を引き起こすということを伝えています。

卵膜が弱いと、赤ちゃんを守るための羊水も体にとどめておくことができません。

羊水が減ってしまうと赤ちゃんが細菌に感染してしまう恐れがあります。

ベビーコラーゲンを摂りたいなら

ここまでお伝えしたように、ベビーコラーゲンは赤ちゃんの成長やママの美容と健康に大きく関係しています。

ベビーコラーゲンを摂取したい!と思う方も多いでしょう。

ここからは、ベビーコラーゲンを摂りたい方向けの内容になります。

コラーゲンは食べなくていい

基本的にコラーゲンは食べても意味がないとされています。

コラーゲンは健康食品として身近に存在します。

しかし、皮膚の弾力を保ち、関節の痛みを和らげるために有効であるとされていますが、実際に有効であるかはまだはっきりしていないのです。

ただ、卵殻膜はベビーコラーゲンの発現を誘発するという報告もあるため、絶対に意味がないとも言えません。

バランスの良い食事から体内産生できる

コラーゲンを多く含む食品は、ゼラチン、鶏の手羽、フカヒレ、牛すじ、鶏皮などです。

しかし、これらの食品を特別に意識する必要はありません。

ベビーコラーゲンなどのコラーゲンは、バランスの良い食事を摂ることで体内産生できます。

タンパク質不足に気を付ければ、コラーゲンが不足することも基本的にないようです。

コラーゲンの構築には、ビタミンCとビタミンAも大切なのでこれらも不足しないよう気を付けましょう。

まとめ

  • ベビーコラーゲンはアミノ酸バランスの優れたタンパク質
  • お肌の弾力に関係
  • 子宮環境を整える
  • 産後の傷を修復してくれる
  • コラーゲンを食べることによる効果はわからない
  • バランスの良い食事からコラーゲンは作り出される

ベビーコラーゲンが葉酸サプリに配合される理由は、妊娠中や産前産後のママの体をサポートすると考えれているからです。

ベビーコラーゲンはお肌だけでなく子宮にも存在し、傷の修復時にも活躍します。

しかし、口からの摂取によって効果がでるかどうかは、まだ研究段階です。

それでもベビーコラーゲンと女性の体は密接な関係にあるので、葉酸と同時にベビーコラーゲンも摂れてしまうサプリがあるのはとてもラッキーですね。

おすすめ葉酸サプリランキング

1

薬局で買える市販の葉酸サプリは成分が少なく、添加物も多いです。 しかし、手軽だからこそ市販の葉酸サプ ...

オールインワン妊活サプリランキング 2

妊活サプリは葉酸が有名ですが、その他にも妊活に必要な成分はたくさんあります。 ママと赤ちゃんの健康の ...

3

妊活サプリと葉酸サプリは同じようなものです。 しかし、全く同じと言うわけではありません。 そこでそれ ...

ベルタ葉酸サプリ 4

葉酸サプリは基本的にどれを選んでも大差ありません。 だからこそ、どれにしようか悩んでしまいます。 し ...

夫婦で始める妊活サプリランキング 5

妊活は夫婦揃って行うとより効果的です。 夫婦揃って葉酸サプリを飲まれる方も非常に増えています。 そこ ...

ミトコンドリアサプリおすすめランキング 6

 妊娠や不妊で悩まれている女性から高い注目を浴びている、次世代の妊活サプリメントがミトコンドリアサプ ...

-葉酸サプリの効果と効能

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2018 All Rights Reserved.