葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

サプリの効果と効能

妊娠中にDHA・EPAサプリを飲んでも大丈夫?安全性について!副作用は?

更新日:

妊娠中のDHA・EPAサプリ摂取を考えている方も多くいます。

DHA・EPAは神経組織を構成する重要な成分の一つで、脳や視力の発達に作します。

脳の神経細胞の数は胎児の時に決まり、後に増えることはありません。

しかもDHA・EPAは体内で作ることのできない必須脂肪酸です。

そのため、妊娠中にDHA・EPAを補給することはとても大切なのです。

しかし、必ずしもメリットばかりではなく、当然デメリットもあります。

今回は妊娠中にDHA・EPAサプリを安全に飲むために知っておくべき情報を詳しく見ていきましょう

妊娠中におけるDHA・EPAサプリの摂取

おなかの赤ちゃんの脳や神経の発達のサポートにDHA・EPAの有効性が注目されているのは前述のとおりです。

DHA・EPAはイワシやサバなどの青魚にたくさん含まれていますが、毎日食事からDHA・EPAを摂取するのは大変です。

その点サプリメントなら手軽にDHA・EPAを摂取することができます。

どんな成分にも言えることですが、たくさん摂取すれば効果があるというものではありません。

過剰摂取を避けるためにも適正な量が配合されている妊娠中の女性向けのDHA・EPAサプリを利用するのが便利です。

パッケージ記載の容量・用法を見て適正に摂取しましょう

DHA・EPAサプリの安全性について

DHA・EPAサプリの安全性に関するポイントは以下の通りです。

  • DHA・EPAは適切に用いれば安全。
  • DHA・EPAは大量摂取は危険。
  • 水銀除去済みかどうか確認する。

DHA・EPAサプリの安全性について詳しくご紹介します。

適切に用いれば妊娠中も摂取できる。

DHAは妊娠中・授乳中の女性であっても適切な量を魚などの食品や特別用途食品から経口摂取するのはおそらく安全であるとされています。

しかし、EPAは妊娠中・授乳中の女性に対する安全性について十分なデータがないため、魚などの食品や特別用途食品として摂取する以外の使用は避けたほうがいいとの報告があります。

大量摂取は危険

DHA・EPAともに大量摂取は危険との評価があります。

どちらも1日3g以上の摂取で血が固まりにくくなり、出血しやすくなってしまいます。

これは過剰摂取によっていわゆるDHA・EPAの“血液サラサラ効果”が強く出る状態です。

米国FDAの限定的健康表示規格ではDHA・EPA合わせて1日2g以内を限度量としている。

水銀除去済みのサプリを選ぶ

一部の魚介類には食物連鎖によって微量のメチル水銀が含まれています。

そのため、厚生労働省は妊娠中の女性に対して、一部魚介類の摂食について注意喚起しています。

<参照:厚生労働省・これからママになるあなたへ

しかし多くのメーカーは安全性を徹底するために水銀除去の工程を経て商品を出荷しているのでDHA・EPAサプリは安心して飲みましょう。

DHA・EPAサプリの副作用について

副作用としてはDHA・EPAともにげっぷ、吐き気、鼻血、軟便の報告があります。

また、医薬品などとの相互作用によって出血しやすくなるなどの症状になることもあるので、他のサプリメントや医薬品との併用には注意しましょう。

まとめ

  • 適切な量を守れば妊娠中も摂取できる。
  • 大量摂取は出血しやすくなり危険。
  • 水銀除去済みのサプリなら安心

DHA・EPAサプリは手軽に摂取できる点が大きなメリットですが、手軽さが裏目に出ると大量摂取の危険性もあります。

妊娠中は特に適量をしっかり守って摂取するようにしましょう。

-サプリの効果と効能

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved.