葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

不妊の悩み、妊娠したい

不妊の原因は加齢?年齢ごとの妊孕率(にんようりつ)について!対処法は?

更新日:

日本では、不妊症のご夫婦の数が年々増加しています。

不妊症の原因は、生殖機能に障害や問題がある場合だけではありません。

原因不明の不妊症というのもあります。

それは、女性が高齢になってから、妊娠を希望するご夫婦の数が増えたことで、原因不明の不妊症も増えているのです。

はたして、加齢は不妊症の原因となるのでしょうか。

今回は、年齢ごとの妊孕率についてと、対処法についてみていきましょう。

何歳から高齢出産となるの?

一般的に、女性が35歳以上の場合に高齢出産とされます。

現在では、全国で約4人に1人が高齢出産をしているのです。

東京都の場合は3人に1人とも言われています。

このように、高齢となっても出産を希望するご夫婦が増えたことで、身体に何らかの障害や疾患がないご夫婦の場合でも、加齢によって自然に妊娠力が落ちることで、不妊に悩む方が増加しているのです。

女性の加齢と妊孕率の変化

結論を述べますと、女性の加齢は不妊の原因となります

不妊症と女性の加齢との関係性がわかるデータとして、17世紀~20世紀の避妊法がまだ確率していない時代における、出産数と女性の年齢について調べられた研究が参考になるでしょう。

その研究で、女性の加齢と共に不妊症が増加することがわかりました。

女性は、30歳から出産数が徐々に減少していき、その傾向が顕著になるのは35歳を過ぎたころです。

40歳を過ぎると、急速に出産数は減少していきます。

昔に比べて近年では、人間の平均寿命は伸びました。

しかし、寿命は延びても、女性の加齢とともに妊孕力が低下するということは変わらないでしょう。

年齢別 不妊の頻度

女性の年齢別の不妊の頻度は、具体的には以下の通りです。

年齢 不妊の頻度
25~29歳 8.9%
30~39歳 14.6%
40~44歳 28.9%

このように報告されています。

不妊症は、30歳から増加しているのです。

自然に妊娠できる確率は、加齢とともに減っている事がわかるでしょう。

AIDによる妊娠率も加齢とともに変化する?

不妊症の原因の一つとして、女性の加齢が影響していることを示すデータでは、非配偶者間人工授精(AID)の治療成績が用いられます。

AIDとは、夫が無精子症の場合に他の健康な男性から精子を提供してもらい、それを用いて妊娠をはかる治療です。

この治療を受ける女性は、ほとんどが不妊症ではない場合が多いのですが、先の表で示した自然妊娠の結果と同じくAIDによる妊娠率も女性の加齢とともに低下しているのです。

35歳以上の女性では、その結果は顕著に表れています。

女性の年齢が増加すると妊孕率が下がる理由

ではなぜ、女性の年齢が上がるとともに、妊孕率が下がってしまうのかをご説明しましょう。

卵子が老化することが、女性の妊孕性が低下する理由と考えられています。

男性の精子は生涯作られ続けますが、卵子は女性が胎児の時に700万個作られた後は、新たに作られることはありません。

胎児の時に作られた卵子は、卵巣で出番がくるまで待機しているのです。

そんな卵子が加齢とともに老化してしまうと、妊娠できる確率は下がってしまいます

また、老化した卵子は、不妊治療をしても妊娠できる確率は低くなってしまうのです。

さらに、年齢が増加することで、以下の病気を患う確率が増加してしまいます。

  • 卵管炎
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症

これらの病気は、長期化し増悪してしまう可能性があるでしょう。

このようにして、女性の加齢は形態学的な異常リスクが増えると考えられているのです。

これらの病気について説明しましょう。

卵管炎

クラミジアなどに感染してしまうことで、卵管炎になると卵管やその周りが炎症を起こします。

そうすると、卵管が狭くなってしまったり、塞がってしまうのです。

また、卵管周囲に癒着が生じてしまい、卵管妊娠や卵管因子の不妊となる恐れがあります

子宮筋腫

筋腫核というところが増大し、子宮腔内に突出してしまう病気です。

そうすると着床することや、胎児の成長に影響を及ぼす恐れがでてきます

年齢とともに、子宮筋腫にかかってしまう人の割合は増加しているのです。

子宮内膜症

子宮内膜症は、卵管周囲が癒着してしまうことにより、卵管の動きがおさえられてしまい、卵子が卵管に入りにくくなる恐れがある病気です。

また、子宮内膜症は骨盤内環境を悪化させてしまい、胚の成長や着床に不利になりえます

加齢は生殖補助医療の結果にも影響する

高度な生殖補助医療とされる、体外受精での出産できる可能性はもともと低く、若い女性の場合でも1回につき2割ほどなのです。

もともと低いその割合は、女性が32歳を過ぎたころから徐々に下がり始め、40歳では1割となり、45歳では1%を切ってしまいます。

このように、女性の加齢は不妊症治療で生殖補助医療を受けた場合の妊娠率と出産率も低下させてしまうのです。

30歳から妊娠率が低下し、35歳頃からはさらに流産率も増加してしまいます。

生殖補助医療で、体外受精や顕微授精を行い、授精をさせることができたとしても、年齢と共に妊娠率と生産率は低下しているのです。

加齢で赤ちゃんの死亡率が増加してしまう

女性の妊娠年齢が上がるにつれて、妊娠22週目以降の胎児や生後1カ月以内の赤ちゃんの死亡率が増加しています。

この時期に赤ちゃんが死んでしまう割合のことを周産死亡率というのですが、この周産死亡率は25歳~29歳のママの場合が一番低い値になっているのです。

妊娠したママの年齢がより高い場合は、妊娠できて妊娠後期に入ったとしても、赤ちゃんを無事出産できたとしても安心はできません。

高齢だからとあきらめることはない!

このように女性の加齢は、自然妊娠率はもちろんのこと、不妊治療の生殖補助医療を受けた場合を見ても妊娠率は下がってしまうのです。

それが現実ですが、高齢だからといって諦めるのはもったいないでしょう。

できるだけ早く、良いタイミングで治療を始めることで少しでも妊娠率を上げることができます

現代では、たくさんの不妊に悩むご夫婦が、産婦人科で治療を受けるようになりました。

今の日本では、なんらかの不妊治療を受けた経験があるカップルは6組に1組はいるといわれています。

日本産科婦人科学会による2010年の統計では、体外受精などの高度生殖補助医療で生まれた子どもは、28,945人で約37人に1人いるのです。

不妊治療は早めに始めよう!

不妊治療は、身体や心、また費用面においても負担を少なくするためには、少しでも若いうちに始めることがオススメです。

しかし日本では、結婚する年齢が上がっているので、出産年齢も上がっています。

実際には、40歳代で不妊治療に取りかかる人が多いのです。

若いご夫婦が不妊治療を始めにくい理由として、不妊治療にはお金がかかるというイメージもあるからでしょう。

しかし、実際の不妊治療は高価なものだけではないのです。

比較的始めやすい不妊治療

妊娠しやすい日を調べるための超音波検査などの「タイミング法」は30歳代半ばくらいまでの方には結果がでやすく、大半のご夫婦が妊娠できているのです。

これは、保険が効きます。

妊娠しやすい日を把握できたら、あとはご夫婦で努力するのみです。

タイミング法」で良い結果がでない場合は、「人工授精」を提案されます。

これは、子宮にカテーテルを入れ精子を送り込む方法です。

1回1万~3万円程度ですので、不妊に悩んでる方は、経済的にも始めやすいものから、なるべく早めに不妊治療を受けたほうが良いでしょう。

加齢への対処法

加齢は止める事ができません。

人間誰しも歳をとるので、こればかりはしょうがないでしょう。

大切なのは、妊娠適齢期を意識したライフプランニングをすることです。

妊娠適齢期を意識したライフプランニング

大切なのは、卵子の老化が始まる時期を知り、どのような速さで老化が進むのかを知っておくことです。

妊娠・出産には「年齢」という問題がつきまといます。

結婚したご夫婦、またはこれから結婚する予定のカップルは、子どもについての将来設計を早めに話し合う時間をつくりましょう。

すでに30歳代に近いご夫婦や、過ぎた方は早めに不妊治療を始めることが大切です。

国としても、妊娠適齢期は20代として妊孕性の知識教育が必要であるとしています。

<参照:「妊娠適齢期を意識したライフプランニング」内閣府

加齢対策のサプリ

不妊に悩んでいるご夫婦は、妊活サプリなども気になるとおろでしょう。

妊活サプリは、赤ちゃんを授かりやすい身体に導くための、栄養成分が配合されています。

普段の食事では、摂りきれない栄養を補いたい方が飲むと良いでしょう。

また、近年注目されているミトコンドリアサプリは、卵子や精子などのミトコンドリアを元気にしたり、ミトコンドリアの数を増やし、アンチエイジングする効果が期待されているサプリメントです。

ただしミトコンドリアについては、まだ研究段階ですので、科学的根拠は証明されていません。

まとめ

  • 女性が35歳以上の場合に高齢出産とされる
  • 女性の加齢は不妊の原因となる
  • 卵子が老化することで女性の妊孕性が低下する
  • 加齢とともに卵管炎・子宮筋腫・子宮内膜症などの病気にかかるリスクが増す
  • 女性の加齢は不妊症治療で生殖補助医療を受けた場合の妊娠率と出産率も低下させてしまう
  • 加齢とともに妊娠22週目以降の胎児や生後1カ月以内の赤ちゃんの死亡率が増加
  • 卵子の老化が始まる時期を知り、どのような速さで老化が進むのかを知っておくことが大切

不妊の原因は、ご夫婦によって様々なものが考えられますが、年齢は1つのポイントとして、必ずついてきます。

将来赤ちゃんが欲しい方は、少しでも若いうちから計画を立てておきたいですね。

現在高齢で、まさに不妊に悩んでいる方は、早めに不妊治療を始めましょう。

<参照:一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q18.女性の加齢は不妊症にどんな影響を与えるのですか?

<参照:「不妊治療の現状」国民生活

-不妊の悩み、妊娠したい

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved.