葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

不妊の悩み、妊娠したい

不妊治療の総額費用は平均でどれくらいかかるの?成功確率ごとに比較!

更新日:

これから不妊治療を始めようと思ったときに、どのくらいの費用がかかるのかと、成功確率については是非知っておきたいですね。

たくさんの費用がかかるのに、妊娠できるという保証がないと不妊治療に挑むのは、不安になってしまうでしょう。

今回は、不妊治療には平均でいくらくらいかかるのか、また妊娠成功確率についてもみていきましょう。

不妊とは

通常の性生活を営んで、1年以上たっても赤ちゃんを授かることができない場合は、不妊の恐れがあります。

なんらかの治療を行わないと、自然に妊娠することができない事を、不妊症というのです。

どのくらいの期間、授かる事ができなかったら不妊症とされるのかは、夫婦の年齢によっても変わってきます。

年齢の高い夫婦では、妊活を始めてからの不妊期間が短くても、若い夫婦に比べると、今後授かれる確率は低くなりますので、早めに不妊治療を始めた方が良いでしょう。

不妊治療にかかる費用

不妊症の原因は、ご夫婦により様々です。

男女どちらかに原因がある場合、男女ともに原因がある場合、またどちらにも異常が見られないけれど授かる事ができないという原因不明不妊の場合もあります。

ですので、不妊治療にかかる費用は夫婦それぞれで異なるのです。

そして、不妊治療は1回のみではなく、妊娠するまで繰り返し行う必要がある場合が多くあります。

治療は、長期にわたると思っておいた方が良いでしょう。

不妊治療には大きく分けて、保険が適用する治療と、保険が適用されない生殖補助医療とがあります。

それぞれの平均でかかる費用についてみていきましょう。

不妊治療のステップと、平均金額は以下の通りです。

分類 手法 1回あたりの費用 健康保険適用

検査

内診・血液検査 5,000円 適用内
一般不妊治療 タイミング指導 1万円~2万円 適用内
  人工授精 1万円~4万円 適用外
生殖補助医療 体外受精 20万~60万円 適用外
  顕微授精 30万~70万円 適用外

検査から始めて、どの段階まで治療が及ぶかは、ご夫婦それぞれの症状や状況次第です。

<参照:「不妊治療をめぐる現状と課題」国際・公共経済プログラム

助成金について

健康保険が適用されない不妊治療は、高額となります。

国や自治体から助成金を受けれる制度があるので利用すると良いでしょう。

条件や給付の内容は、女性の年齢や治療内容によって異なります。

自治体によっても、やや制度が異なりますので、お住いの自治体の不妊専門相談センターにて相談してみてください。

全国の不妊専門相談センター一覧↓

不妊専門相談センター事業の概要|厚生労働省

不妊治療の成功確率

それでは、それぞれの治療法による成功確率をご紹介します。

通常の不妊治療

タイミング療法

不妊治療を始めて最初に行う方法が、タイミング療法です。

赤ちゃんを授かりやすいタイミングで性交渉するために、排卵期を予測します。

超音波、基礎体温表、市販されている尿中ホルモンのモニタリングなどで、ご自宅や病院で予測をたて性交渉に挑むのです。

タイミング療法を行う期間は、年齢、不妊期間、不妊原因などが考慮されるので、夫婦によって回数が異なります。

だいたい3回~6回まで行っても妊娠しなかった場合は、次の治療に移る事が多いでしょう。

タイミング療法の成功確率は、20%とも40%とも言われておりますが、正確なデータは今のところありません。

人工授精

超音波診断装置を使って、女性の卵巣を調べます。

排卵時期を捉えたら、男性から採取した運動性が良い精子を、特殊な注射器を使って、膣から子宮に注入する方法です。

排卵誘発剤を併用して行うことが多いでしょう。

1回の治療費は、ご夫婦の状況により様々ですが、だいたい5千円~1万円程度と言われています。

妊娠成功率は、5~20%程度です。

3回~6回行っても妊娠しない場合は、次の治療法に進みます。

生殖補助医療

体外受精

体外受精とは、人工授精で赤ちゃんを授かる事ができなかったご夫婦、また人工授精をできないご夫婦が行う治療です。

卵子と精子を取り出して、混ぜ合わせて体外受精させます。

そして受精卵が、分割された段階で子宮に戻す肺移植をするのです。

日本産婦人科学会が集計した平成22年実施のデータを参考にした、体外受精の成功確率は以下の表を参照してください。

【体外受精による出生確率】

  胚移植から出生に至る確率(%)
新鮮胚(卵)を用いた治療 15.9%
凍結胚(卵)を用いた治療 22.4%
顕微授精を用いた治療 13.5%

1回の体外受精の妊娠率は、約25%とされています。

ご夫婦によっては、数回の治療を妊娠するまで繰り返し行う必要があるでしょう。

多くの場合、6回行っても成果が得られなければ、顕微授精に移るか、治療法を再考します。

年々、体外受精による出生確率は上がっています。

<参照:「不妊治療をめぐる現状」厚生労働省

顕微授精

体外受精は、卵子と精子を取り出すものの、受精は自然に行いますが顕微授精は、顕微鏡を用いて直接卵子に精子を送り込んで授精をさせる方法です。

精子が少ないなどの男性不妊の治療法として、画期的な方法でしょう。

基本的に治療費は、数万~10万円くらいとなり体外受精よりも高額になります。

妊娠成功確率は、21%くらいです。

成功した全妊娠例のうち、中でも男性不妊症の場合では、80%以上が5回までの治療で妊娠しております。

また、受精障害のご夫婦の例では、80%以上が4回目までの治療で妊娠できています。

<参照:生殖補助医療技術を理解するために(アンケート用リーフレット)

<参照:不妊症|慶應義塾大学病院 KOMPAS

治療の回数により成功確率が変わる

1回のみの不妊治療で授かる確率は、低いのが実情です。

授かる確率は、不妊治療の回数が多いほど上がります。

不妊治療1回での妊娠確率は40%未満ですが、不妊治療6回目では92%の割合で授かる事ができ、そのうち90%の方が出産できるのです。

不妊治療は、1、2回で諦めずに継続する事で良い結果が期待できるでしょう。

<参照:「不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会」 厚生労働省

年齢によっても成功率が変わる

不妊治療をしても、赤ちゃんを授かる事ができ、出産できる確率は年齢によって大きく変わってきます。

年齢が上がるにつれて、せっかく授かる事が出来ても、流産してしまう確率も上がるのです。

流産の確率は、20代では11.0%ほどですが、35歳で20.3%、40歳で35.1%、45歳以上では66.0%と上がっていきます。

ですので、不妊治療により出産できる成功確率も、母体の年齢が上がるとともに下がっていくのです。

まとめ

  • 不妊治療にかかる費用は人それぞれ異なる
  • 不妊治療の検査にかかる費用は約5千円前後
  • タイミング治療は、1万円~2万円で保険適用、平均回数は3回~6回前後、成功確率は的確なデータはないが20%~40%とされている。
  • 人工授精は、1回5千円~1万円程度、成功率は5~20%、だいたい3~6回行う。
  • 体外受精は、平均20万~60万円で、使用する胚(卵)にもよるが、成功率は1回で平均25%。6回行って効果がなければ治療を変更する
  • 顕微授精は、平均30万~70万円で成功確率は21%
  • 治療の回数によって授かる確率は変わる
  • 不妊治療をしても年齢が上がるにつれて、授かりにくくなり、流産の確率も上がる。

ご夫婦によって成功確率は変わってくるので、かかる費用も違ってきます。

女性の年齢が上がるにつれて、不妊治療の効果が出ずらくなってしまうので、できる限り早めに取り組むことが大切です。

赤ちゃんは心身ともに健康なご夫婦ほど授かりやすいので、あまり悩みすぎず、気を楽にご夫婦で支え合って不妊治療を受けましょう。







葉酸サプリランキング【記事】

ララリパブリック 1

葉酸サプリは基本的にどれを選んでも大差ありません。 だからこそ、どれにしようか悩んでしまいます。 し ...

マカナ 2

妊活サプリは葉酸が有名ですが、その他にも妊活に必要な成分はたくさんあります。 ママと赤ちゃんの健康の ...

dhcの葉酸サプリ 3

葉酸サプリは通販限定のものと、薬局で市販されているものがあります。 違いは栄養成分の配合量と品質、値 ...

美的ヌーボプレミアム 4

妊活は夫婦揃って行うものです。 夫婦揃って、葉酸サプリを飲まれる方も非常に増えています。 そこで今回 ...

ミトコプラス 5

 妊娠や不妊で悩まれている女性から高い注目を浴びているミトコンドリアサプリ。 摂取することで妊娠に必 ...

-不妊の悩み、妊娠したい

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 All Rights Reserved.