イソフラボン(配合)サプリのおすすめ

妊娠中におけるイソフラボンの効果と効能はうつ病の軽減!胎児に影響を及ぼす可能性あり!サプリメントからのイソフラボン摂取はNG!

更新日:

妊娠中のイソフラボン摂取は人気があります。

しかし妊娠中にイソフラボンを摂取することでどのような効果や効能があるのでしょう。

妊娠中の女性の中には、イソフラボンについて良く分らないまま、低カロリーで栄養価が高いからと豆乳などを飲んでいる方も多いようです。

そこで今回はイソフラボンの効果・効能と胎児への影響について見ていきましょう。

ソイドリンク

妊娠中のイソフラボン摂取はうつ病を予防できる効果がある

日本人が昔から食事に取り入れている大豆食品はイソフラボンが多く含まれ、低脂肪で良質なたんぱく質が摂れる理想的な食品です。

妊娠中におけるイソフラボン摂取の効果としては、妊娠中のうつ病を予防できるという研究データがあります。

またイソフラボンを含む大豆食品はカルシウムを豊富に含むので、平均的にカルシウムの摂取量が少ない日本人にとっては有益です。

さらにつわりで十分に食事が摂れない時にも高タンパクの豆乳などは便利な食品と言えるでしょう。

イソフラボン摂取による胎児への影響

妊娠中のイソフラボンの摂取も食事からの適正な量であれば別段問題はありません。

しかし、過剰摂取してしまうと胎児の生殖機能への影響が出てくるという報告があります。

 妊娠動物を用いて、高濃度の大豆イソフラボンを投与した試験において、胎児の生殖機能への影響等を示唆する報告がありました。

<参照:食品安全委員会-内閣府>

実際にどのくらいの量を摂取すると有害となるかがいまだに不明です。

そのため、日常の食生活に上乗せしてイソフラボンを摂ることは推奨されていません。

イソフラボンの特徴

健康に良いともてはやされる一方で、過剰摂取による深刻な影響も懸念されているイソフラボンとはそもそもどんな成分なのでしょう?

なぜイソフラボンはこれほどまでに人体に作用するのでしょうか。

イソフラボンは大豆に多く含まれる

イソフラボンは大豆などのマメ科の植物に多く含まれるフラボノイド(ポリフェノール)の一種です。

マメ科のほとんどの種には多量のイソフラボン類が含まれています。

大豆を原料としたものでは、豆腐や納豆などの加工食品でも高いイソフラボンの値を維持しています。

さらに、味噌についてはイソフラボンのレベルが増加していることも明らかです。

その他にもヒヨコマメやアルファルファ、ピーナッツなどの食品にもイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは特に意識しなくとも身近な食品からたっぷり摂取できているのです。

イソフラボンは骨粗しょう症や更年期障害の軽減等に有用

イソフラボンは構造が女性ホルモンに似ています。

似ているが為に、ホルモンと結びつきます。

結びつく際に、骨粗しょう症の予防や更年期障害の軽減に有用な反応が出ると言われています。

しかし海外においては、その効果について反対の意見もあるので注意が必要です。

イソフラボンは危険ではない

イソフラボンは日常の食生活から適切な量を摂取しているだけなら危険ではありません。

危険どころか、適切に摂り入れれば低カロリーで良質なたんぱく源であり、女性の美と健康に有効な成分です。

しかし、乳幼児と小児はエストロゲンの影響を受けやすく、母親がイソフラボンを大量摂取してしまうと胎児の生殖器の発達異常などが起こるという報告があるので注意しましょう。

サプリメントからのイソフラボン摂取について

通常の食事からのイソフラボン摂取は問題ありません。

しかし、サプリからの摂取となると注意が必要になります。

  • 妊娠中のイソフラボン配合のサプリはNG
  • 大豆イソフラボンの安全な上乗せ摂取量の上限値は30mg/日

それぞれ簡単に解説します。

妊娠中のイソフラボン配合のサプリはNG

まず妊娠中にサプリからイソフラボンを摂取するのは辞めましょう。

妊婦においては十分なヒト試験のデータがありません。

また動物実験においては有害作用が報告されています。

イソフラボン配合の妊活サプリを摂取する場合は、妊娠中に飲まないよう十分に注意しましょう。

大豆イソフラボンの安全な上乗せ摂取量の上限値は30mg/日

トクホ食品における、大豆イソフラボンの上限値は+30mg/日です(吸収率の高いアグリコン型換算)。

トクホ以外の健康食品に関しては、個別に評価を行っていませんが、この数値は十分に参考になります。

いずれにせよ、サプリメントからイソフラボンを摂取する際はしっかりと配合量を確認しましょう。

まとめ

  • 妊娠中にサプリメントからイソフラボンを摂取するのはNG
  • イソフラボン配合の妊活サプリを飲む場合は妊娠前だけ
  • トクホ食品における、大豆イソフラボンの上限値は+30mg/日
  • 妊娠中のイソフラボン摂取はうつ病を予防する効果がある
  • イソフラボンは骨粗しょう症の予防や更年期障害の軽減に有用な反応が出ると言われている
  • 妊娠中でも食事からのイソフラボン摂取は問題なし

イソフラボン配合の妊活サプリをどうしても飲みたい方は「イソフラボンの配合量」と「飲む時期」について気をつけましょう。

それ以外の方は厚生労働省も推奨している葉酸サプリの摂取がおすすめです。

参考文献

おすすめ葉酸サプリランキング

1

薬局で買える市販の葉酸サプリは成分が少なく、添加物も多いです。 しかし、手軽だからこそ市販の葉酸サプ ...

オールインワン妊活サプリランキング 2

妊活サプリは葉酸が有名ですが、その他にも妊活に必要な成分はたくさんあります。 ママと赤ちゃんの健康の ...

3

妊活サプリと葉酸サプリは同じようなものです。 しかし、全く同じと言うわけではありません。 そこでそれ ...

ベルタ葉酸サプリ 4

葉酸サプリは基本的にどれを選んでも大差ありません。 だからこそ、どれにしようか悩んでしまいます。 し ...

夫婦で始める妊活サプリランキング 5

妊活は夫婦揃って行うとより効果的です。 夫婦揃って葉酸サプリを飲まれる方も非常に増えています。 そこ ...

ミトコンドリアサプリおすすめランキング 6

  妊娠や不妊で悩まれている女性から高い注目を浴びている、次世代の妊活サプリメントがミトコンドリアサ ...

-イソフラボン(配合)サプリのおすすめ

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2018 All Rights Reserved.