葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

ミトコンドリアサプリの効果と効能

ミトコンドリアサプリの注目成分について!それぞれの違いは?

更新日:

最近、妊活に効果があると注目されているミトコンドリアサプリですが、各社サプリメントによって配合されている成分が異なります。

ミトコンドリアを元気にする注目成分は、それぞれどのようなものが配合されているのでしょうか。

今回は、各メーカー別にミトコンドリアサプリの注目成分について見ていきましょう。

「ミトコア300mg」の注目成分「イースタティックミネラル」

「ミトコア300mg」の注目成分はイースタティックミネラルです。

イースタティックミネラルとは

ミトコンドリアが弱った卵子や精子はエネルギー不足となります。

このことから妊娠率の下がった状態となり、原因不明不妊とされるのです。

そんな質の低下してしまった卵子と精子のミトコンドリアに、直接エネルギーを与えて、活発な分裂・増加を促すことで活動を甦らせるのが、イースタティックミネラルです。

イースタティックミネラルは、卵子や精子のミトコンドリアに直接はたらきかけることができる唯一のイオン化ミネラルとなります。

安全性の高い高規格・高精製のミネラル成分なので、薬のように処方を必要としません。

イースタティックミネラルの正体はゼオライト

イースタティックミネラルは、ミトコア300mg独自のイオン化ミネラルで、その正体は食用に特殊加工されたゼオライトです。

ゼオライトは二酸化ケイ素を原料とするミネラルで、塩基性火山岩の空洞や熱水鉱脈などに産出するものです。

現在では合成物もあって、土壌改良や吸湿剤、分子ふるい、紙の充填剤などに利用されていて、一般的に食品にはあまり利用されないものとされています。

「毒素を排出する」、「免疫機能を活性化する」、「pHバランスを整える」などと言われていますが、人での有効性や安全性に関するデータは今のところ見当たっていません。

<参照:「健康食品」の安全性・有効性情報

イースタティックミネラルの特徴

イースタティックミネラルの1番の特徴は「酸化還元力」です。

今まで、ミトコンドリアを元気にしてくれると注目されていた成分と比較して見ましょう。

これまで注目されていた抗酸化成分について

これまで、若返り成分として注目されてたいのは、ビタミンCや各種ポリフェノール類、コエンザイムQ10などの「抗酸化成分」がほとんどでした。

それらの「抗酸化成分」は、すでに酸化老化してしまった細胞を、「これ以上の老化を食い止める」という働きです。

ビタミンCや各種ポリフェノール類などは水溶性ですので、ミトコンドリア外膜・内膜に浸透することができません。

またコエンザイムQ10も、有効な酸化還元作用を発揮することはできないのです。

吸収されなかったこれらの抗酸化成分は、「酸化物質」となってしまうので、逆効果を与えることが問題となっています。

それに比べイースタティックミネラルは酸化還元力があります。

イースタティックミネラルの酸化還元力

イースタティックミネラルは、ミトコンドリアから排出された活性酸素を、強力な酸化還元力により還元します

さらに同時にミトコンドリアにエネルギーを与えるので、ミトコンドリアのエネルギー効率が高まり、余分な活性酸素の排出を抑制してくれます。

また、他の抗酸化成分のように「酸化物質」に変質することがありません

なぜなら、イースタティックミネラル自体に酸化を還元する能力があるからです。

イースタティックミネラルは、このようにビタミンCやコエンザイムとった今までの抗酸化成分では不可能だった、ミトコンドリアに直接アプローチすることのできる唯一の成分となってます。

イースタティックミネラルの効果を引き出す3つの成分

そんなイースタティックミネラルの効果を引き出すのに以下の3つの成分が配合されています。

  • オリーブ葉抽出物
  • ジオスゲニン配糖体
  • アグリコン型イソフラボン

それぞれ見ていきましょう。

オリーブ葉抽出物

オリーブの葉から抽出されたこの成分は、細胞表面にあるTGR5という受容体を刺激することで、卵子や精子のミトコンドリアのエネルギー代謝を高めるはたらきがあります。

イースタティックミネラルによって活性・増殖されたミトコンドリアのエネルギー代謝を、オリーブ葉抽出物でさらに高めることで、より効果が期待できるでしょう。

ジオスゲニン配糖体

ジオズゲニンとは山芋に含まれる天然の成分です。

以下のような働きがあります。

  • 卵胞を成熟させる
  • 排卵、着床を促す
  • 着床環境を形成する
  • 精子の形成を促す

女性ホルモンや男性ホルモンに深い関わりをもち、滋養強壮などの効果があると知られている成分で、ホルモンバランスの調整・改善に使用される医薬成分のDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)によく似た構造をもっているため、DHEAの代替成分として期待されています。

アグリコン型イソフラボン

イソフラボンとは、大豆の胚芽に含まれるフラボノイドの一種です。

ジオスゲニン配糖体と同様に女性ホルモンの男性ホルモン分泌に深い関わりを持つ成分で、以下のような働きをします。

  • 子宮内膜を厚くする
  • 排卵のタイミングを調整する
  • 男性ホルモンの分泌を促進する
  • 男性機能を回復する

イソフラボンには、「グリシド型」と「アグリゴン型」の2種類がありますが、ミトコア300mgには吸収力に優れている「アグリコン型イソフラボン」が採用されています。

「ミトコリン」の注目成分

続いて「ミトコリン」の注目成分について解説していきます。

ミトコリンの注目成分は、ミトアップハーバルエキスです。

ミトアップハーバルエキスとは

ミトアップハーバルエキスとは、「ミトコリン」の主要4成分の総称です。

  • ブラックジンジャー
  • マンゴージンジャー
  • 黄杞葉(こうきよう)
  • ヒハツ

これらはどういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

ブラックジンジャー

ブラックジンジャーはショウガ科の植物ですが、生姜とは異なり、根茎部が黒色の植物です。

ブラックジンジャーの産地はタイ王国で、タイ王国ではクラチャイダムと呼ばれており、膝や腰の関節が痛むときに、根茎部を煎じて飲んでいます。

また、ワインやコーヒー、お茶などに加工されて伝統的に食されているのです。

マンゴージンジャー

根茎部分が太く円筒状で、生マンゴーのような芳香とショウガの風味を持っています。

インドでは、根茎をピクルス(漬物)や香辛野菜として食しているものです。

黄杞葉(こうきよう)

東南アジアに分布するコショウ科の植物です。

栄養素の吸収を高める効果があることが知られており、女性特有の悩みを解消するため、身体を温める作用が期待できます。

ミトアップハーバルエキスの効果

上記4つの成分が配合されている、ミトコリンの製造メーカーであるジャパンベストヘルスのミトアップハーバルエキスは、卵巣や精子のミトコンドリアに直接働きかけることができる成分です。

ミトアップハーバルエキスの中には、ミトコンドリアを増加させ、活性化させる成分が含まれていることが、実験データとして確認されています。

安全性の高い高規格・高精製の成分なので、処方を必要とせず摂取できるサプリメントとして開発されてます。

「ミトコプラス」の注目成分

続いて、「ミトコプラス」の注目成分を見ていきましょう。

「ミトコプラス」の注目成分は、特許出願中の独自ミネラルCB-1に配合されているコエンザイムQ10とレスベラトロール、それとL-カルニチンです。

独自ミネラルCB-1とは?

ミネラルCB-1とは、3つの成分を複合したもので、ゲンナイ製薬の登録商標です。

  • 還元型コエンザイムQ10
  • ヴェネアトロール(レスベラトロール)
  • リコマット

この3つの成分のトリプルパワーで本来の体環境を引き出します。

この中でも注目の還元型コエンザイムQ10とレスベラトロールについて、詳しく見てみましょう。

還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はユビキノンとよばれる脂溶性のビタミン様物質で、体内でも合成されるものです。

コエンザイムQ10は、「活性酸素の増加を抑制する」という効果が期待されています。

ミトコンドリア性脳脊髄障害の治療に対して、効果があるのです。

口からの摂取も安全だという事がわかっています。

ただし、妊娠中・授乳中についての安全性に関しては、十分なデータはありません。

不妊症の男性によるコエンザイムQ10の摂取で、精子の密度と、運動性の増加との関連が認められています

厚生労働省は、食品としての適切な摂取目安量を設定する科学的根拠が、現時点では不十分なので、医薬品として用いられる量 (1日30 mg) を超えないようにとの通知が出されています。

<参照:「健康食品」の安全性・有効性情報

ヴェネアトロール(レスベラトロール)

レスベラトロールは、アンチエイジングに効果があります。

ミトコンドリアを活性化して、エネルギー消費を高めるのです。

またミトコンドリアの数も増加します。

レスベラトロールは、老化による障害を減少することで、寿命を延長すると考えられているのです。

老化や肥満による障害にレスベラトロールは効果があり、様々な健康効果があることがわかっています。

毒性は極めて低いのですが、レスベラトロールには弱いエストロゲン様活性があり、胎児は無毒化酸素経路が確立されていない可能性があることから、「妊婦は摂取しない方が良いのではないか」という文献があるのが気になるところです。

ですので授かったら、葉酸サプリなどに切り替えると良いかもしれません。

<参照:レスベラトロールの健康長寿効果について「日本醸造協会誌」

L-カルニチン

独自ミネラルCB-1の他にも注目すべき成分が配合されています。

その一つがL-カルニチンです。

カルニチンとは、アミノ酸由来の物質で、身体のほぼすべての細胞に存在しており、エネルギーを産出するのに重要な役割を果たしています。

カルニチンは長鎖脂肪酸というものをミトコンドリア内に運搬し、酸化(燃焼)することでエネルギーを産生しているのです。

さらにカルニチンは、ミトコンドリアで生成された有毒な物質をミトコンドリアの外に運びだし、蓄積するのを防ぐ働きもしています。

通常は、カルニチンは身体に必要とされる十分な量が体内で産生されています。

しかし遺伝的理由や医学的理由により、十分な量を産生できない人や未熟児などにとっては、カルニチンは条件付きの必須栄養素といえるでしょう。

カルニチンは男性不妊症に効果がある

精液中のカルニチンの含有量は、精子数と精子の運動率に直接関係があるので、男性の不妊治療を行うのにカルニチンは重要とされています。

いくつかの研究で、カルニチンを補給すると、精子の質が改善されたことが示されているのです。

<参照:カルニチン | 海外の情報 | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

卵子の老化とミトコンドリアエネルギーについて

最後に卵子と精子のミトコンドリアエネルギーについて解説しましょう。

女性は生まれた時から卵巣の内部に卵胞を備えております。

思春期以降になると、毎月左右交互に一つずつ排卵がされ始めるのです。

卵胞は、生まれてから私たちが歳をとるのと同じくして、どんどん老化が進んでしまいます。

この長い期間、卵胞の機能を維持し活動させるには膨大なミトコンドリアエネルギーを必要するのです。

しかし卵巣内で老化が進むと、同時にミトコンドリアの機能も低下していきます。

そして卵子の質が低下してしまうことから、妊娠力が弱まってしまうのです。

精子の必要とするミトコンドリアエネルギーについて

男性の精子は、およそ80日サイクルで新たに作られます。

ですので、女性の卵胞のような老化とは、捉え方が異なるでしょう。

精子は過酷な競争を勝ち抜いて卵子にたどりつくために、活発な運動力を必要としているのです。

その精子の運動エネルギーを産み出しているのがミトコンドリアです。

日頃の不摂生や、高齢化によって精子の酸化変性が進んでしまうと、精子の細胞内部にあるミトコンドリアもエネルギーを奪われしまい、機能障害が発生してしまいます。

そうなると、ミトコンドリアが有効なエネルギーが産みだせなくなり、過酷な卵子争奪レースに挑めなくなってしまうのです。

まとめ

  • ミトコンドリアサプリといえど、各メーカーによって配合されている成分の種類が異なる
  • 「ミトコア300mg」の注目成分はイースタティックミネラル
  • イースタティックミネラルの正体はゼオライトで特徴は酸化還元力
  • 「ミトコリン」の注目成分はミトアップハーバルエキス
  • ミトアップハーバルエキスとは「ミトコリン」に配合されている主要4成分の総称
  • 「ミトコプラス」の注目成分はコエンザイムQ10、レスベラトロール、L-カルニチン
  • どの注目成分もミトコンドリアを元気にする働きが期待できる

このように各メーカーとも、独自に配合したオリジナルの成分でミトコンドリアサプリを製造しています。

細かく成分を見ても、それぞれ異なったものを配合してますが、どれも期待できる効果としては、精子や卵子のミトコンドリアを元気にするという事です。

ミトコンドリアサプリで迷っている方は、各社それぞれの成分を比べて選んでみてください。

-ミトコンドリアサプリの効果と効能

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved.