葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

妊婦(妊娠中)の悩み

妊婦の貧血について!原因と対処法は?鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血の違いについて

更新日:

女性は貧血になりやすいですが、特に妊娠中には注意が必要となります。

しかし、一般に知られている鉄欠乏性貧血以外にも妊婦が気をつけるべき貧血がもうひとつあるのはあまり知られていません。

今回は妊婦が注意すべき貧血とその原因、対処法についてご紹介していきます。

2つの貧血の症状

妊婦がなりやすい貧血には2つありますが、それぞれ原因が違うので対処法も違います。

深刻な貧血予防のためにもしっかりチェックしておきましょう。

鉄欠乏性貧血の症状

鉄欠乏性貧血は鉄不足によって起こる一般的な貧血です。

症状はだるい、疲れるなどといったものが多く現れます。

また階段を上ったり走ったりすると、酸素を補うために心拍数が増加して動悸や息切れといった症状も起こりやすくなります。

巨赤芽球性貧血の症状

巨赤芽球性貧血はビタミンB12と葉酸の欠乏によって起こる貧血です。

細胞分裂がうまくいかず、骨髄中の赤芽球(せきがきゅう)が大きくなる「巨赤芽球(きょせきがきゅう)」によって引き起こされる貧血です。

骨髄での造血能力は上がりますが、正常に成熟することができず赤血球になる前に破壊され無効造血の状態になってしまいます。

他の貧血の症状と同様で動悸や息切れ、全身の倦怠感などが起こります。

さらに、ビタミンB12欠乏による症状として四肢のしびれなどや歩行障害、精神障害などが現れるケースもあります。

2つの貧血の原因

続いては、2つの貧血の原因についてお伝えしましょう。 

鉄欠乏性貧血の原因

血液中の赤血球の中には、全身の組織に酸素を供給するヘモグロビンと呼ばれる成分があるのですが、このヘモグロビンを作っているのが鉄です。

そのため、鉄が不足すると鉄欠乏性貧血になってしまうのです。

偏食やダイエットによる食事からの鉄不足、胃潰瘍や大腸からの出血、子宮筋腫や内膜症などによる出血など鉄欠乏の原因はさまざまあります。

巨赤芽球性貧血の原因

ビタミンB12と葉酸の欠乏による造血細胞のDNA合成障害が原因で起こる貧血です。

胃を切除した方などは内因子や壁細胞に対する自己抗体存在よって内因子が分泌されず、ビタミンB12吸収障害が起こり、これを巨赤芽球性貧血の中でも「悪性貧血」と呼びます。

貧血の対処法 

それでは、鉄欠乏性貧血や巨赤芽球性貧血になってしまった場合はどのような対処をすれば良いのでしょうか。

いくつか対処法をお伝えします。 

あくまでも簡易的な対処法です。

妊娠中の貧血は深刻な問題にもなるのでお早めにかかりつけ医に相談しましょう。

十分な休養をとる

食事の栄養バランスにも気をつけて十分な休養をとることが大切です。

急にめまいや動悸がした場合は椅子に座ったり横になるなど無理をせず安静にしましょう。

普段から鉄や葉酸などのビタミン・ミネラルが豊富な食事をとるように心がけましょう

サプリで栄養補給

鉄欠乏性貧血には鉄分のサプリがおすすめです。

また、巨赤芽球性貧血は葉酸とビタミンB12欠乏によって起こるので、葉酸サプリを活用してみると良いでしょう。

妊娠中のレバーはおすすめできません

貧血になったらレバーをおすすめする方も多いでしょう。

確かにレバーの鉄分は吸収率が高いです。

しかし同時にレバーはビタミンAが多く含まれています。

妊娠中はビタミンAを過剰摂取すると先天異常が出やすいです

したがって、いくら貧血だからといって妊娠中のレバーはおすすめできません。

妊婦に必要な鉄と葉酸の量

鉄と葉酸の摂取量については目安量が決められています。

過不足なくきちんと鉄と葉酸を摂取するためにも参考にしてください。

鉄の摂取量

妊娠中の鉄の推奨摂取量は成人女性11mg(上限は40mg)を基準とし、さらに追加する必要があります。

具体的には下の通りです。

  鉄分摂取量(mg/日)
妊娠初期 +2.5
中期・後期 +15.0
授乳期間中 +2.5

詳細はこちら

葉酸サプリに鉄分が入っていても問題なし?妊娠中の鉄分摂取について!胎児に影響は?

葉酸の摂取量

妊娠中の女性の葉酸の推奨量は1日400μgとされています。

しかし、妊娠初期~後期では葉酸の役割が異なるので、それに応じて目安量も変化させなければなりません。

具体的には下記の通りです。

  モノグルタミン酸型葉酸(μg/日) 食事性葉酸(μg/日)
成人女性(非妊娠) 120 240
妊娠計画段階〜初期 +400 +800
妊娠中(3ヶ月以降) +120 +240
授乳中 +50 +100

まとめ

  • 鉄分をしっかり補給しよう
  • ビタミンB12と葉酸の摂取も必須
  • ビタミンAは適正量を摂取しよう

貧血には鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血があると分かりました。

しかし、意識しなければ鉄欠乏もビタミン不足も気づかないまま過ごしてしまいそうです。

赤ちゃんをしっかりと守るためにも鉄とビタミンB12、葉酸をしっかりと摂取するようにしましょう。

-妊婦(妊娠中)の悩み

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved.