葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

サプリの選び方と基礎知識 乳酸菌(配合)サプリのおすすめ

妊娠中・授乳中における乳酸菌摂取の効果は便秘の緩和!安全性・副作用は過剰摂取と牛乳アレルギーに要注意!

更新日:

乳酸菌はヨーグルトやキムチの食品でも気軽に摂取できるごく身近な存在です。

しかし、妊娠中に乳酸菌を摂取することでどのような効果や効能があるかを知っている方は少ないでしょう。

そこで今回は身近な頼れる存在である乳酸菌の効果と効能について見ていきましょう。

IMG 8044

妊娠中の乳酸菌摂取の効果と効能

妊娠中に乳酸菌を摂取するとどのような効果や効能があるのでしょうか。

乳酸菌の胎児への影響やアトピーへの効果、そして乳酸菌そのものについて詳しく見ていきましょう。

便秘を緩和する効果がある

妊娠中の乳酸菌の効果として一番期待されているのは便秘を緩和する作用です。

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

妊娠中は妊娠を維持するために黄体ホルモンが優位となり、体内の水分を蓄えようとして腸管まで水分が行き渡りません。

また、流産しないように子宮の筋肉の収縮も抑制するので、同様に胃腸のぜん動運動も弱くなり便秘しやすくなるのです。

便秘は苦しいものですが、妊娠中に安易に市販の下剤を服用することはとても危険ですから避けなくてはなりません。

そこで、乳酸菌なら気軽に摂取できて身体への負担もほとんどないので安心です。

腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えてスムーズな便通をサポートしてくれる乳酸菌は妊婦の強い味方です。

赤ちゃんの免疫器官の力を高める

最近では母親の腸内環境が整っていれば、赤ちゃんの免疫器官の力を高めることが分ってきました。

免疫器官の力が弱い子供は気道感染、中耳炎、胃腸炎に感染し、様々な症状を引き起こしてしまいます。

様々な症状を防ぐためにも、遅くとも授乳までには乳酸菌を積極的に摂取して腸内環境を整えておきましょう。

アトピーの発症リスクをわずかに抑える効果がある

妊娠中や子供の乳児期に乳酸菌を摂取すると、アトピー性皮膚炎とIgE関連アトピー性皮膚炎の発症リスクがわずかに低下することが報告されています。

国内でも,乳酸菌飲料(L. acidophilus L-92)の飲用によりアトピー性皮膚炎の臨 床症状の軽減が認められたという報告がなされた

<参照:日本皮膚科学会ガイドライン

乳酸菌と善玉菌の違いについて

乳酸菌は善玉菌の代表として知られています。

乳酸菌とは、発酵によってオリゴ糖などの糖から乳酸をはじめとする酸をつくりだす細菌の総称です。

ヨーグルトやチーズ、漬け物などの発酵食品の製造にも使われているとても身近な菌です。

腸の中には次の3種類の細菌がたくさん存在しています。

  • 善玉菌・・・人体に有益な細菌
  • 悪玉菌・・・有害物質を作りだす細菌
  • 日和見菌・・・善玉菌と悪玉菌の優勢な方に加勢する細菌

健康的な状態の腸内細菌は、善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%の割合で存在しています。

人間の体内にはビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌など多種多様な乳酸菌(善玉菌)が存在し、腸内での悪玉菌の繁殖を抑えて腸内環境を整えているのです。

さらに、乳酸菌は整腸作用だけではなく、免疫力のアップやコレステロールの低下などさまざまな働きが注目されています。

乳酸菌は腸内で大腸菌など悪玉菌の繁殖を抑え、腸内菌のバランスをとる役割を果たしています。そして便通の改善だけではなく、コレステロールの低下や免疫力を高めがんを予防するなど、さまざまな働きがあると言われています。

<参照:厚生労働省「e-ヘルスネット」

妊娠中における乳酸菌摂取の安全性と副作用について

妊娠中における乳酸菌摂取の安全性について今一度確認しておきましょう。

あわせて副作用についても見ていきます。

過剰摂取と牛乳アレルギーに注意が必要

妊娠中の女性にとって便秘は切実な問題です。

そのため、日常的に乳酸菌サプリを摂取している方も多くいます。

乳酸菌の安全性については次のような報告があります。

  • 妊娠中・授乳中は過剰摂取は避ける。
  • 牛乳アレルギーがある場合は注意が必要。

乳酸菌は元来安全性の高いものですが、妊娠・授乳中の安全性に関する信頼できる情報がないため、過剰摂取しないように注意が必要です。

下痢やおなかの膨満感の可能性あり

乳酸菌は安全性が高く、適切な用法・用量を経口摂取で摂る場合は子供にも安心して与えることが可能です。

通常、副作用は特に報告されていませんが下痢やおなかの膨満感があり得ます。

また牛乳成分を原料としている場合があるため、牛乳アレルギーがある方はアナフィラキシーショックのような症状が出ることがあるので要注意です。

乳酸菌摂取における注意点とコツ

乳酸菌には摂取する人との間で相性があります。

同じ乳酸菌が全ての人に同じように効果があるというわけにはいきません。

ですから、いろいろな乳酸菌を試してみて自分に合うものを見つけるとさらに効率よく乳酸菌の効果を実感することができます。

また、生きて腸まで届くプロバイオティクスのような菌を使った商品もたくさんありますが、実際には乳酸菌は死んでいても腸内環境は改善されるという研究報告があります。

そして、乳酸菌の整腸効果というのは、菌の生死に関係なく菌体が免疫機能を活性化させた結果起こると考えております。

<参照:機能性食品普及協会

乳酸菌入りの葉酸サプリがおすすめ

妊娠中であれば葉酸サプリを摂取している方も多いはずです。

そんな時に便利でおすすめなのが乳酸菌入りの葉酸サプリです。

妊婦さんに必須ともいえる葉酸サプリに乳酸菌が配合されていれば一石二鳥です。

配合量もきちんと適量が設定されているので、過剰摂取になる心配もありません。

便秘が気になるけれど、さらにサプリを増やすのは避けたいという方は乳酸菌入りの葉酸サプリがおすすめです。

まとめ

  • 妊娠中の便秘を改善する
  • アレルギー体質のリスクを低減する
  • アトピーになりにくくなる
  • 乳酸菌は“善玉菌”
  • 過剰摂取と牛乳アレルギーに注意

乳酸菌は腸内環境を整えて免疫力をアップしてくれます。

赤ちゃんとママにとっても欠かすことのできない大切な存在です。

妊活の頃からぜひ毎日乳酸菌を摂取するようにしましょう。

葉酸サプリランキング【記事】

ベルタ葉酸サプリ 1

葉酸サプリは基本的にどれを選んでも大差ありません。 だからこそ、どれにしようか悩んでしまいます。 し ...

マカナ 2

妊活サプリは葉酸が有名ですが、その他にも妊活に必要な成分はたくさんあります。 ママと赤ちゃんの健康の ...

dhcの葉酸サプリ 3

薬局で買える葉酸サプリは成分が少なく、添加物も多いです。 しかし、手軽だからこそ薬局で購入したい方も ...

美的ヌーボプレミアム 4

妊活は夫婦揃って行うものです。 夫婦揃って、葉酸サプリを飲まれる方も非常に増えています。 そこで今回 ...

ミトコア300mg 5

 妊娠や不妊で悩まれている女性から高い注目を浴びているミトコンドリアサプリ。 摂取することで妊娠に必 ...

-サプリの選び方と基礎知識, 乳酸菌(配合)サプリのおすすめ

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2018 All Rights Reserved.