葉酸サプリのおすすめランキング

ハロー!葉酸サプリ

葉酸サプリの選び方と基礎知識

葉酸サプリはビタミンAが入っていても大丈夫なの?妊娠中のビタミンA摂取について

更新日:

葉酸サプリはビタミンAが入っているから辞めた方がいい。

確かにその通りです。

しかし、きちんとした知識をつければなんら問題ありません。

そこで今回は、妊娠中のビタミンA摂取について解説します。

ビタミンAの過剰摂取はNG

結論を言うと、ビタミンAは過剰摂取でなければ全く問題ありません。

ビタミンAの摂取自体がいけないのではなく、過剰なのがNGなのです。

ではどれくらいビタミンAを摂ると過剰摂取になってしまうのでしょうか。

厚生労働省の最新のデータによると18歳以上の女性の上限は2,700μg/日です。

これ以上とってしまうと過剰摂取になってしまうので注意しましょう。

ちなみにビタミンAの推奨量は18歳〜29歳の女性で650μg、30歳〜49歳の女性で700μgとなっています。

過剰摂取で起こりうる障害

たとえ妊婦ではなくともビタミンAの過剰摂取は障害を引き起こします。

具体的な障害は以下の通りです。

成人がビタミンAを過剰摂取した場合

短期間の摂取

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 脳脊髄液の上昇
  • めまい
  • 目のかすみ
  • 筋肉協調運動障害

長期間の摂取

  • 中枢神経系への影響
  • 肝臓の異常
  • 骨や皮膚の変化

なお、障害が起こってしまうビタミンAの最低量は成人では13,500μgRE/日です。

どんなことがあろうともこの数値は超えてはなりません。

子供がビタミンAを過剰摂取した場合

  • 頭蓋内や骨格の異常

子供におけるビタミンAの障害発生最低量は6,000μgRE/日です。

大人は問題ない食事でも、子供が過剰摂取になる可能性があるので、子供ができたときのために覚えておきましょう。

妊婦がビタミンAを過剰摂取した場合

  • 妊婦の健康障害
  • 胎児奇形

妊婦における障害発生最低量は4,500μgRE/日です。

この数値はレバーを食べたら軽く超えてしまう数値なので注意しましょう。

いずれにせよ、障害発生最低量よりも厳しく見積もられた耐用上限量を超えないことが大切です。

成人の耐用上限量は2,700μgとなります。

2種類のビタミンA

ビタミンAには大きく分けて2種類あります。

  • レチノール(既成ビタミンA)
  • β-カロテン(プロビタミンAカロテノイド)

ビタミンAの過剰摂取を気をつける上で、この2つは理解する必要がありますから詳しく見ていきましょう。

レチノール(既成ビタミンA)

レチノールは主に動物性食品に多く含まれます。

特にレバーと魚油に多いです。

レチノールは別名、既成ビタミンAとも呼ばれます。

レチノールはビタミンAそのものなので溜まりやすく過剰摂取になりがちです。

ですから、ビタミンAの過剰摂取を防ぐにはレチノールを避けた方がいいでしょう。

β-カロテン(プロビタミンAカロテノイド)

β-カロテンは主に、植物性食品に含まれます。

青菜野菜、オレンジ色や黄色の野菜、トマト製品に多いです。

このβ-カロテンは体内でレチノールに変換されます。

β-カロテンがレチノールに変換される際は100%全てが吸収されるわけではありません。

ちなみにβ-カロテンはプロビタミンAカロテノイドの1種となります。

プロビタミンAカロテノイドの代表的なものとしてわかりやすくβ-カロテンをあげました。

レチノール1μg=β-カロテン12μg

レチノールとβ-カロテンではどれくらい変換率に差があるのでしょうか。

レチノールは変換する必要がないのでそのまま1です。

一方のβ-カロテンは1/12しかレチノールに変換できません(※サプリのβ-カロテンの場合は1/2)。

つまり以下のような式が成り立ちます。

レチノール1μg=β-カロテン12μg

このようにビタミンAの量が多いと思っても、実はβ-カロテンであまり摂取できていなかったというパターンもあるので注意が必要です。

もちろん過剰摂取の面で見たらβ-カロテンは安心できます。

推奨量及び上限量はどっち?

そこで気になるのが、 先ほどお伝えした18歳以上の女性の上限は2,700μg/日という数字です。

この数値が示すのは果たして、レチノールなのか、β-カロテンなのでしょうか。

正解を言うと、レチノールです。

上限量にβ-カロテンのようなプロビタミンAカロテノイドは含めないことになっています。

なぜ含めないのかと言うと、β‒カロテンの過剰摂取による障害は知られていないからです。

よって、過剰摂取を気をつけるならレチノールだけ気をつけておけば問題ありません。

葉酸サプリのビタミンAはどっち?

葉酸サプリに入っているビタミンAはレチノールのものもありますし、β-カロテンのものもあります。

通常、栄養表示成分に記載されているので確認してみるといいでしょう。

β-カロテンの場合は過剰摂取を気にする必要はありません。

もしもレチノールなら、それを避けるかビタミンAの含有量が少ないものを選びましょう。

レチノールでも大量でなければ、問題ありませんから。

葉酸サプリにビタミンAが入っている理由

もちろん、ビタミンAが入っていない葉酸サプリの方が多いです。

しかし、ビタミンAをあえて入れている葉酸サプリもあります。

なぜ、わざわざ過剰摂取で奇形児のリスクが生じるビタミンAを葉酸サプリに入れるのでしょうか。

その理由は妊娠の最後の3ヶ月でビタミンAは胎児の成長に不可欠な成分になるからです。

胎盤を通じて、母体から胎児にビタミンAを供給し、胎児の成長を促します。

具体的な数値を上げると、1日+80μg付加的にビタミンAを摂取しなければいけません。

また授乳期になるともっと必要で、1日+450μg付加的に摂取する必要があります。

母乳にビタミンAが分泌されるからです。

結局妊娠後期から授乳期にかけてビタミンAは必要になります。

つまりビタミンAが入っている葉酸サプリは授乳中まで飲むことを想定して作られているのです。

ちなみにこれらのビタミンAの推奨量に関しては、最終的なレチノールの量です。

サプリから摂れるβ-カロテンはレチノールに変換されると半分になってしまうので、上手に調整しましょう。

まとめ

  • ビタミンAの過剰摂取がNG
  • レチノールだと過剰摂取になりやすい
  • β-カロテンなら過剰摂取の心配なし
  • 成人女性のビタミンA推奨量は650μg〜700μg/日
  • 成人女性の耐用上限量は2,700μg/日
  • 妊娠の最後の3ヶ月は+80μg/日必要
  • 授乳期は+450μg/日必要

というわけで、葉酸サプリのビタミンAが気になったらまずはレチノールか、β-カロテンか気にするようにしましょう。

その上で、もしレチノールなら少量であるかを確認します。

もっとも、大抵の葉酸サプリにはこう記載されます。

過剰摂取にならないよう配合

お求めの葉酸サプリでビタミンAが気になったらこのような記載を探すことをおすすめします。

いずれにせよ、妊娠後期から授乳期にかけてビタミンAは必須成分です。

それを考慮するなら、ビタミンAが入っている葉酸サプリを探すのも悪くないでしょう。

ちなみに当サイトの葉酸サプリランキングでビタミンAが入っているのは、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリのビタミンAは少量ですから心配なくお飲みいただけます。

-葉酸サプリの選び方と基礎知識

Copyright© ハロー!葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved.